秦と足軽稼働中

マンガ描いたり映画を観たり

ルートの3話がチケットになりました

お知らせです。

マンガアプリPalcyで連載中の『ルート~雪の王国 目覚める星たち~』3話がすべて無料チケット公開となりました。分割でなくいっぺんに読みたい方は今が読み時ということで。よろしくどうぞ!!

palcy.jp

というかですね。

お知らせが滞っていたためになんと4話-①もすでに公開となっております!あと3話のおまけも無料公開されてますのでぜひに。(各話おまけマンガがありましておまけは常に無料公開されております)

もともと滞りがちなブログなのですがここ1ヶ月強くらい<産みの苦しみ>によるあれやこれやで精神的にぶっ壊れておりまして。なかなかタフな期間でした。(今までの人生で1番くらいのヘビーさだった…)人の前では平静さを保ちつつ一人になると窓ガラスを叩き割りたい衝動を抑えたりいろいろ大変でした。いや~もうやりたくない!!!!!!!!(絶叫)

この期間のダメージがまだ全然残っていてへろへろしているんですが(HPゲージが黄色な感じ。誰に伝わるんだこの表現)まぁまぁ平時の状態に戻りつつ暮らしています。GWとかね、記憶がありませんね。

-------------------------

そんなDAYS OF HELL!!!!!がいよいよ架橋だった頃に楽しみにしていた映画が公開されまして。『カモンカモン』という作品です。

ラジオジャーナリストのおじさんが少しの期間だけ甥っ子を預かって暮らしたり仕事したりするだけの映画なのですが。こちらを楽しみにしていたのは監督のマイク・ミルズが大好きだからです。前からネームが出来なかったり創作に行き詰まるとマイク・ミルズ監督の過去作人生はビギナーズを流して脳みそを清浄化したりしておりまして。

(元々著名なデザイナーだった人なので映画の絵ヅラもオシャレだし編集のテンポも最高だし何よりキャラクターに対する姿勢が好みで、とにかく全面的に好きしかない監督)

マイク・ミズル監督作品のキャラクターはいつも多面的で、いわゆるわかりやすい「コイツはこんな奴」という描き方をしないんですね。それぞれしっかり個性はあるのにみんな人生を生きていて、映画で観た時間の外でもしっかり生きてる感じがする。明らかにキャラ主体の物語で「こういう映画のゴールがあるのでそこに向かって進みます」という指針がなくて「この映画どうなるんだろう」といつも思う。キャラクター同士のコミュニケーションによる変化で物語が動く。でも終わってみるとすごくスッキリ癒やされる。そんなイメージで、今回の『カモンカモン』もまさにそんな映画でした。

叔父と甥っ子とお母さん(叔父さんの妹)と。距離を縮めたり失敗してうまくいかなかったりを繰り返す日々を丁寧に描いていました。相変わらず編集がよかった!

ま、とにかくですね。この映画を観たのがきっかけで長かったどん詰りから抜け出すことができました。このタイミングで公開してくれて本当に助かった…。いつもありがとうA24(アメリカの制作会社)。

『カモンカモン』まだ上映してるとこもあります!オススメです!!!

そんなわけで、エンターテイメントを生み出そうとしてズッコケて地獄を味わっていたらエンターテイメントに救われるという1ヶ月強でした。なんかこういう状態を表すうまいことわざでも言ってしめたいところですが寝不足で何も出てきません!

ちょうど似たような話をしているポッドキャストがありますのでそちらをご紹介して終わりにしようと思います。

open.spotify.com

では更新したマンガもよろしくお願いします!

 

カイニスの金の鳥/フランス語版でました

久しぶりにカイニスに関するお知らせです。

このたび『カイニスの金の鳥』のフランス語版が出版されました。装丁も変わりましてこのような感じになんだかヨーロッパっぽく(なんという語彙力のなさ…)していただきました。

かわいいですね~。

韓国語版の時にも感じましたが自分の本が海外でも読んでいただけるのはとても不思議でとても嬉しい。まだちょっと日本で出てるのも不思議に思う時があるというのにすごいことですね。

翻訳本の出版におきましてはたくさんの方にお世話になったものと思われます。私個人ではさっぱりその範囲などもわかっていないのですが。ありがとうございます…!!!

続きはまだ描けないのですが(時間がないので)その間にもたくさんの方の目にとまると嬉しいなと思います。Twitterでは時々イラスト描いてあげていこうかなと思っていますのでそちらもチェックしていただけますと喜びます!

Twitterアカウント:@hatakazuki126)

お知らせなどなどブログにいろいろ書いていきたいのですが連載の方でいっぱいいっぱいになるとなかなか書けないのが辛いところですね。総合的な活動案内はコチラ↓にまとめていますのでご参照ください。

hatakazuki5.hatenablog.com

ではでは~。

 

 

ルート2話がチケットになりました

お知らせばっかりしておりますが。

仕方ない。お知らせです!

マンガアプリPalcyにて連載中の『ルート~雪の王国 目覚める星たち』の2話が全部チケットで読めるようになりました。チケットはアプリで毎日もらえるシステムになってるので無料で読めますな状態になっております。

この機会にまだの方はぜひ~。(1話は全部無料です)

palcy.jp

1話の段階だと世界観とかキャラの紹介が多いんですが2話からだんだん話が転がっていくので楽しんでいただけるんじゃないかと!思っております。2話はだいたいこんな感じ?

f:id:hatakazuki5:20220316200814j:plain

ラーシュ以外の髪が難しくてですね…全然描きなれません。4話くらいでやっと安定してくる気がします。まだ先ですね。(ラーシュはすごく描きやすい)

というわけでお知らせは以上です!

隔週金曜日に更新されますので次回の3話-①は3/18になります。

よろしくどうぞ~!

----------------------------------

えーと、じゃぁちょっと駄話でも。

f:id:hatakazuki5:20220316202730j:plain

みなさん「おやき」ってわかりますか?パンなんだかパンじゃないんだかな平べったい丸い生地の中にいろんな餡が詰まってる食べ物なんですが。わたしはこの「おやき」が大好きでして。先日、家からちょっと離れたパン屋に行ったらなんとこの「おやき」が売ってありまして。しかも中の餡がタケノコとか野沢菜とかのしょっぱい系で。(甘いあんこのあやきもある)

甘いのよりしょっぱいのが好きなのでマスクの中で静かに叫んでしまいました。しかもこの餡がうまくてですね。タケノコなんて中華風な味付けでしょっぱくて最高の惣菜パンなんでした。パン屋自体も全体的に美味しそうで種類も多いし。

家の近くではなかなかいいパン屋が見つからなくて落ち込んでいたのですがまさか一駅分歩きさえすれば「おやき」と美味しいパンが手に入ったのです。くーっ。もっと早く気がつくべきだった…。

そういうわけで行きつけのパン屋を確保できたという。単にそういう話なんですが。引きこもりがちな身としては家で疲れにまみれてメソメソしている時にちょっと気合を入れれば美味しいものが手に入るというのはとても大事なことなんですね。

個人的にはいい映画といいゲームといい本と美味しい食べ物と可愛い雑貨で人生のバランスをとっているのでそれを手に入れるために努力は惜しみません。(たぶん)冷蔵庫に入ってるお焼きを明日食べるのが今から楽しみです。(食事制限中なのでいっぺんに食べられない)

 

あ、あと『ドライブ・マイ・カー』も素晴らしかった。急に映画の話ですが。

f:id:hatakazuki5:20220316203438j:plain

自主的に邦画を観ることがほぼない人間なのですが濱口監督は寝ても覚めてもがすごくよくて、脚本も自分で書く監督さんのようだしこれは新作でたら観ないとなと思っていたのですがなかなか元気が出なくて邦画を観に行く気になれないまま3月になってしまいました。公開からだいぶ経っていましたが海外で非常に評価されたおかげで今でも映画館で観ることが出来たのでした。よかった観られて。それにとてもよかったです。三浦透子さんがとても好き。あと瀬戸内も好き。あのあたりはいいよなぁ…。

まだバットマンプレゼント・ラフターも観れてないけど、今なら行ける!な気分だったのでえいやと観に行きましたが大正解でした。濱口監督の『偶然と想像』も観たいけどなかなか邦画を連続するのは難しく…。いつか観る機会があると嬉しいな。映画館で観るのがいい監督さんだと思うし。

いや~観たいものだらけです。時間がたりません。常時。

 

 

『ルート』の2話-②配信中

漫画アプリPalcyにて連載中の『ルート ~雪の王国 目覚める星たち~』の2話-②の配信が始まっております。3分割されたお話が隔週で更新されてますので2話をいっぺんに読みたい方はもう少々お待ちください。

まーだいたい1ヶ月連載と同じ塩梅で進んでおりますね。コインで読んだりチケットで読めたり変わっていきます。よろしくお願いいたします~!

f:id:hatakazuki5:20220213221534j:plain

------------------------

そういえば先日、読者の方から年賀状をいただきました。編集部に届いていたのですがリモートワークの関係で転送が遅れてしまったそうで2月になってしまいましたがちゃんと手元に届いております。ありがとうございました!!

f:id:hatakazuki5:20220213222052j:plain

メッセージもいただきまして。嬉しいなぁ。健康に気をつけながらがんばります~!もっとたくさん描けるといいんですが、原稿は全部自分でやってるのもあってなかなかですね。でも焦らず描いていこうと思います。

------------------------

そのほか。

ナショナル・シアター・ライブのロミオとジュリエットを観てきました。元の舞台はコロナ禍のため中止になってしまったのですが、今できることをやろうという企画で100分くらいに短くして映像化した作品です。

f:id:hatakazuki5:20220213222812j:plain

撮影は舞台上で行われているものの、アップやフラッシュバックなど映像化ならではの演出も詰まった濃密な1本でした。おもしろかった…。

やっぱりNTLiveを観ると多幸感がすごい。去年は映画の新作を優先してNTLiveを何本か見逃してしまったのですが、今年はNTLive優先で観ていこうかなぁ。池袋でアンコール上映もやっているのでなるだけ観たいです。映画とは違う生の空気感もいいし、いつもすごくわくわくする。

(邦画が苦手なので国内の演劇もあまり得意ではないのにイギリスの舞台を大好きになるとは思っていなかったです)

あとNTLiveで観た中でも(というか近年映画館で観た作品の中でも)屈指のお気に入り『プレゼント・ラフター』という作品、

f:id:hatakazuki5:20220213223823j:plain

アンドリュー・スコットが魅力的すぎて胸のときめきが止まらない1本。映画館であんなにゲラゲラ笑ったことはなかったです。最後にはぐっとくるし演技もすばらしかった。何回でも観たい)

こちらのブロードウェイ版が3月に映画館で上映されるそうです!やったー!!(上演された順番はブロードウェイが先。名作戯曲なんですね。原作はイギリスのお話だそうです)

f:id:hatakazuki5:20220213224317j:plain

こちらもすごく楽しみ~~!!NTLiveの方はいろいろ改変されてる部分もあるそうで、ブロードウェイ版はどうなんだろう。歌も入るだろうからどうなっているのか早く観たいです。

------------------------

楽しみがいろいろ!それまで健康に気をつけて万全の体調で臨みたい!(舞台は上演時間長いし)健康診断もあるしなぁ。面倒くさいけどやらないとなぁ。

あとぼちぼち冬に飽きてきました。もうコート着たくない。春が待ち遠しいです。

 

 

 

『ルート』の2話-①が配信はじまりました!

お知らせです。

f:id:hatakazuki5:20220125134313j:plain

『ルート ~雪の王国 目覚める星たち~』の2話-①が配信開始(コイン)されました!仕事の依頼主が判明したルートのリアクションと家に帰ると…の回。合わせて1話のおまけも無料で配信されてますのでコチラも読んでみてください~!(おまけは1話-①で描かれてないシーンを描いています!)

たくさん読んでいただけますと嬉しいです!あと読み終わったあとに押せる「いいね」ボタンとか感想フォームの「ファンレター」もあるのでぜひご利用ください!

パルシィはアプリなのでどんな漫画かちょっと覗いておきたい方はコチラから1話の冒頭が読めますよ。↓↓↓

異世界の世界を楽しんで描いております。

よろしくお願いします!

f:id:hatakazuki5:20220125135032j:plain

お知らせはTwitter、pixivでもやっております。

Twitter@hatakazuki126

■pixiv:https://www.pixiv.net/users/14213123

---------------------------------------

今だにパルシィの機能を全把握できていないような気がしているのですが、「いいね」の数は見えるので1話をたくさん読んでいただけたみたいでとても嬉しいです。連載をするまではアプリで漫画を読む習慣がなかったのですが、今では毎朝アプリを開いて惣領冬実先生の『ES(エス)』と山下和美先生の『ランド』を読んでから仕事を始める流れが出来ています。(完結作なので毎日更新される。めちゃくちゃおもしろいので読むとやる気がでる)

アプリの習慣がない方も試してみるといろんな発見があるかもしれません!もうあと本棚が限界を超えているから本格的に電子以降した方がいいのか悩んでいる…どうしたものか。文庫の小説ならまだいけるけどハードカバー入れる隙間はないし、大判の漫画もパンパンだし。わたしは本が本棚から溢れ出るのが耐えられないタイプなので真剣に悩んでいます…!(引っ越しの時にだいぶ整理したのに…!去年の資料はほとんど図書館で借りてがんばったのに…!)いくつかは電子購入してるけど読む用のタブレット買った方が便利だろうなぁ。時代的には遅い悩みな気もしますがバランスが難しいですね。ぱっと読みたいページを開ける魅力が…強くて。(好きな場面を読み返すのが好きで)

 

さて、こんな風に悩みながらアプリ連載したり電子マンガも出したりしています!

今日は脱稿あけのお休みなのであとはゆっくりしよ!

(マンガ作品一覧はこちらから!↑)

ぼくの地球を守ってin東京タワー:階段を600段登り下りした日

ぼくの地球を守ってウィキペディアによると1986年~1994年にかけて「花とゆめ」で連載されていた作品で、今東京タワーで開催されている『ぼくの地球を守ってin東京タワー』は著者の日渡早紀先生の画業40周年記念のイベントということです。

さて、わたしが『ぼく地球(たま)』に出会ったのは小学校高学年の頃と記憶していますが、実はこの作品を読んで「漫画家になりたいなぁ」と子供ながらに夢見たという思い出深い作品でして。こんなステッキーなイベント行くしかあるまいということで「平日なら人が少ないはず…」と自由業の特権をぶん回して先日、平日の真っ昼間に東京タワーへ向かったのでした。

f:id:hatakazuki5:20220115131443j:plain

小学生の時に初めて見たのはテレビで流れていた『ぼく地球』のOVAアニメのエンディングで、木蓮が地球を抱いてる絵だったと思います。なにがピンときたのかは覚えていませんがそこから「漫画を買わねば」と田舎のイオンかどこかの本屋へ向かい、3巻以降しかなかったために3巻を買い(ちなみにこの時点でアニメは見ていません)しばらくその3巻を持ち歩いて何回も読んでいました。(田村さんが輪くんにズタボロにされる巻ではなかったかと思う笑)

田舎の本屋の品揃えには限界があり、本屋もあんまりないし、全巻揃えるのにかなりの時間を要しましたが感動の最終回を迎えて感無量だった気持ちをぼんやり覚えています。(昔の記憶が消されていくわたしにしてはよく覚えている方です)その最終回の舞台が東京タワーだったということで。

f:id:hatakazuki5:20220115133411j:plain

行ってきました東京タワー。

東京に越してきて10年以上たつけど数える程しか行ってなかったなぁ。イベントの詳細についてまったく調べていなかったのでチケットを買うのかとかなにもわからずタワーの職員さんに聞きまくる。

展示は3階で行われておりまして見るだけなら自由です。月基地メンバーのキィワードを集めるスタンプラリーに参加する場合は受付でお金を払います。(ちなみにこのスタンプラリー代には東京タワーのメインデッキに行く料金も含まれているのですが、案の定頭がふわふわしていて人の話を聞かないわたしは普通にメインデッキ行きのチケットも買いました。帰ってから気がついた。まぁいい。タワーにお布施したと思おう)

f:id:hatakazuki5:20220115134216j:plain

メインデッキへは、エレベーターと外階段で行くことが出来ます。もちろん外階段を選びました。(東京タワー決着シーンはタワー上部の外だったため)

何段あるかも知らずにへらへら上りましたがちょっと上がれば踊り場がある構造だったので一休みしやすくて特に疲れを感じることもなく上り切ることができました。「高いところ+外」環境が大好きなので(ビルの屋上とか大好き)とても楽しかった。人も少ないので踊り場でぼーっとしてても邪魔にならなかったし。また機会があれば上りたいなぁ。

f:id:hatakazuki5:20220115134927j:plain

外階段を行くともらえる認定証。あと途中にビートたけしがテレビ番組のロケで書いたらしいサインがあって時代を感じました。

f:id:hatakazuki5:20220115135108j:plain

そんなこんなで東京タワーを満喫、イベントを満喫。日渡先生へお祝いと感謝をこめてメッセージノートへの書き込みもして、スタンプラリーも楽しんで(メインデッキで「あの、柊ってどこにありました?」と聞かれて「あーたしか2階だったと思います」とかいう会話をした後また外階段を降りてた時に「東京タワーで柊どこですかって、こんな会話をする日がくるとは」とひとりでニヤニヤしました)展示もよかったし、アニメの映像が流れてて懐かしかったし、欲しかった木蓮のイヤリングも買えたし、充実した1日となりました。

楽しかったなぁ…。

外階段で足がギッチギチになっていたのにこのあと六本木ヒルズZARAまで歩いていってとんでもない散財もしました…SALE品の在庫がよくて…つい。

素晴らしいイベントをありがとうございました!

 

あけましておめとうございます

もうお正月気分も抜けきった時期ですが。

あけましておめでとうございます。

本年度もよろしくお願い致します。

f:id:hatakazuki5:20220108231515j:plain

さっそくお知らせです。

連載中の『ルート ~雪の王国 目覚める星たち~』1話-4がチケットで読めるようになりました。1話は4分割されて一気に公開されましたが、はじめは1話-4はコインで読める仕様になっていたんですね。ルートは現在隔週で更新となっているので、1話-4がコインからチケットに更新されたということです。

f:id:hatakazuki5:20211225000046j:plain

再来週の1/21には2話-1が配信されます。

(それと、毎回話数の終わりにおまけマンガが1ページ配信されるので、1話のおまけマンガも一緒に配信されます。おまけマンガは無料なのでいつでも読めますよ)

f:id:hatakazuki5:20220108232051j:plain

連載先はコチラです!↓↓↓

palcy.jp

------------------------------------

やー年末年始は結局あまりゆっくりは出来ませんでしたが、久しぶりにしっかりゲームできたりしてその1日は「えーーー楽しいーーーーずっとこうしてたいーーーー」とぐうたら気分を味わえました。あと家でゆっくりするの大事ですね。休みとなれば映画観に行ったり買い物したりしてましたが体力が戻らない!!!今年はなるだけ家でゆっくりする日を設けたいと思いました。なによりゲームしたいし。あと本も読みたい。

 

年明けには『レイジング・ファイア』を観てニコラス・ツェーの眼鏡姿とんでもないな。ありがたさしかない」と感動したり、うっかり雑貨屋で植物を買ってしまったりしました。緑は大好きだけどとにかく枯らすし生き物を扱うことのプレッシャーもあるしで避けて(代わりにフェイクグリーンは山程ある)たんですが。かわいくて…。困った…。大切にします。

 

そのほか。今日から東京タワーでぼくの地球を守って』の企画展が始まっています。日渡早紀先生の画業40周年記念企画ということです。

小学生の頃に読み始めた時には連載は終わっていたと思うのですが(夏休みにアニメをやっててEDの木蓮を初めて見たのをよく覚えています。漫画を読もうとしましたが田舎だったので本屋には3巻からとびとびしかなくてとにかく3巻を買ってしばらく3巻だけずっと読んでいました笑)たぶん漫画家になろうと思ったのはこの作品がきっかけだったと思う。東京で漫画を描きながらこんな企画展に出会えるなんてとても幸せです。人が集まる休みの日は避けて平日に舐めるように展示を見たいと思います。あと木蓮の耳飾り買う。あれは絶対買う。あとハンカチがちょうど欲しかったのでハンカチも買う。あとのグッズはその時のテンションで。ああ…早く行きたい…。

(大学の頃に「そうだ漫画家になりたいんだった」と思い出したように描き始めたきっかけは萩尾望都先生でしたが、萩尾先生の原画展にも何年も前だけど行けました。嬉しかった。あと萩尾先生が審査員をされてる漫画賞にも応募してコメントいただいて感動したりもしたなぁ。懐かしい思い出です)

こういう企画展、いいいですね…。アニメのセル画も置いてあるとかでとても楽しみです。(いいアニメだった~ED曲が素晴らしかった)

 

さて、遊びに行く前にやることもあります。

今年も(は、かな)健康に気をつけてがんばるぞ~。